鍵盤

意識したい業者の選び方

ピアノ買い取り業者に不要なピアノを査定してもらう場合、複数の業者へ依頼するのがおすすめです。1つの業者だけだと査定額が高くなる可能性も低くなるので、必ず比較をしながら選んでいくことが一番です。また、他の業者との競争で査定額がアップする可能性もあるので、比較した選び方は大事です。

詳しく見る

オーディオ

よりよい音楽を求める方へ

より良い音を求めてオーディオ環境を頻繁に更新しているのなら、すでに使わなくなった機器もあるはずです。もしも、余ったオーディオ機器があるのならば、劣化が始まる前に専門業者に買取ってもらうとよいでしょう。

詳しく見る

楽器

中古品を扱う業者について

使用しなくなった楽器は専門の買取業者に引き取ってもらうことができます。プロの鑑定士と修理の職人がいるため、破損していても大丈夫です。楽器は元々高価な品物ということで、安く買われる心配がありません。対応が誠実で丁寧なことから、楽器買取業者は人気があります。様々な買取方法があるのも評価されています。

詳しく見る

ドラムセット

不要な楽器を売りたい

長年愛用してきたドラムを手放す場合の方法として、中古楽器の買取業者を利用する方法があります。中古ドラムは金銭的に余裕のない学生さんや初心者の練習用に需要があります。買取価格の相場は、セットで揃っていて2〜10万円前後です。

詳しく見る

ピアノ

もう必要なくなったときは

ピアノ買い取りサービスはスタッフが家まで来てくれるお店があるため、誰でも気軽に利用することができるでしょう。一括査定をしてもらうことができるサイトがあるので、どこが高値で買い取ってくれるか気軽に調べることが可能です。

詳しく見る

スピーカー

査定時に価格が決まります

オーディオの処分方法として、費用が発生しない買取りサービスの利用が人気となっています。買取り価格は査定時に決定するようになっているので、査定時までに付属品を揃えておいたり、クリーニングをしておくことが大切です。また、業者ごとにサービス内容が異なっているので、自分に合う業者を選ぶことが重要です。

詳しく見る

楽器

専門性の高い業者へ依頼

楽器の買取りを依頼する場合はよりよい価格を目指すために、なるべくそれぞれの楽器について専門性が高い業者に依頼するようにしましょう。また見た目の状態をきれいに維持しておくことも、高価買取りに必要なポイントになります。

詳しく見る

楽器の販売

ドラム

打楽器類の売却

打楽器類の買取は、地域や企業によって異なりますが。専門店へ買取の依頼をして鑑定してもらうのが一般的です。ですが、楽器の大きさによって買い取る方法が企業によって全く異なります。小さい場合は直接専門店に持っていき買取をしますが、ドラム類などの大型の物になってくると、分解してから持っていくか買取業者がお宅に直接訪問するかのどちらになります。また、どちらの方法で買取をするかを選択できる所もあります。ですが大きすぎたりした場合は買い取ってくれないということもあります。ドラムは特に買取が難しい打楽器の一つで、ほかの楽器は部品が一体化しているので簡単ですが、ドラムは複数の太鼓を鉄の棒やねじで複雑に取り付けてあるため、買取の時には分解をして、売りに出される時は組み立てをしなければなりません。また、大型なので売りに出すスペースの確保も必要です。ドラムの価格は傷の入り具合や汚れ具合によりますが、質の高い物で100万円以上になります。最低でも50万円前後になるので大変価値があります。ですが、非常に細かいとこまでチェックをするので非常に時間がかかってしまうデメリットがあります。また、ドラムを打つのに必要なスティックも同時に買取をしてくれる所もあれば別々で買取をしてくれる所とで分かれます。大手企業では、ほとんどがまとめて回収をしてくれます。楽器を販売している専門店の場合は製造しているメーカーが異なっていれば買取ができない所もあります。